野崎友璃香プロフィール


作家
ライフスタイリスト
EFTパーソナルコーチ
バーバラブレナン認定ヒーラー
リコネクションプラクティショナー

ゆりか

講演依頼

メインサイトはこちら

イベント&セミナー

mixiはこちら

バハマツアー受付中!


レトリート受付中!


メルマガの登録はこちら!

メルマガ登録・解除
アロハ通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

ハワイの連絡先はこちら

P.O. Box 717, Honaunau, Hawaii
96726 U.S.A.
e-mail: yurikadl@hotmail.com

本の感想

本の感想をお寄せ下さい

最近のコメント

最近の記事

おすすめBooks













月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が結婚する前、中野にオフィスを構えていた頃、
私の本を読んで感動したという一人の大学生の
男の子がやってきて
毎日私のオフィスで雑用をてつだってくれ
その後ドルフィンスイムツアーのアシスタントなども勤めてくれた
グランブルーのジャックマイヨールに似た風貌の
わたちゃんがはれて結婚しました。

それで私達はそのお祝いに駆けつけたのですが、
お相手は千葉で
スローライフやマクロビ系のコミュニティで有名な
ブラウンズフィールドを営む「デコさん」のお嬢さんのシネマちゃん。

綿貫君は長年住んだ小笠原の海から一転して千葉の畑へと大変化。
水田もあり、緑に囲まれ、たくさんの元気な若者たちが働く畑に仲間入り。

自給自足村から
時代の先端をいくような生活がはじまるわけで、
多くの人に祝福された二人は、本当に光り輝いていました。

P5240564_convert_20090529121145.jpg   P5240569_convert_20090529121307.jpg

これからの時代、多くの人が、畑の重要性に気づき、千葉県はいまやかなりホットなエリアとなっているのですね。

日本にはまだまだ土地があり、人口の30%ほどの人が農作業をすればほかの人々の分も生産することができるそうです。
畑にもどる人がこれからドンドン増え、若い人の田舎戻りで農業のイメージもどんどんかわり
これかの日本は
本来の日本の良さに戻っていく予感がいたします。




<< フラ  | ホーム | baliから日本へ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。