野崎友璃香プロフィール


作家
ライフスタイリスト
EFTパーソナルコーチ
バーバラブレナン認定ヒーラー
リコネクションプラクティショナー

講演依頼

メインサイトはこちら

イベント&セミナー

mixiはこちら

バハマツアー受付中!


レトリート受付中!


メルマガの登録はこちら!

メルマガ登録・解除
アロハ通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

ハワイの連絡先はこちら

P.O. Box 717, Honaunau, Hawaii
96726 U.S.A.
e-mail: yurikadl@hotmail.com

本の感想

本の感想をお寄せ下さい

最近のコメント

最近の記事

おすすめBooks













月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

QRコード

QR

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008Bahamas ドルフィンオーシャンスイムツアー レポート ただ今、家に帰る途中 継ぎのデトロイト空港です。 乗り継ぎで4時間も待たされているので、寝不足で頭はよく回転しないし、 目がしょぼつきますが、 新鮮なところで、ツアーレポートです!! 今年は、めちゃくちゃ天候にも恵まれ、イルカたちとも素晴らしい遭遇を体験することができました。 Day1:7月19日、 ウエストパームビーチのレストランTIKIに集合。今回はアメリカ人、カナダ人女性2名と私達15名、(男性うち3名)のインターナショナルな面々。 使用ボートはお付き合いの長いガルフストリームイーグル。 キャプテンロブと、クルーに、ジャッキー、ジョン、ジョシュア(オーナーの息子たち)、トミー(シェフ)の5名が乗り込み、 フロリダ、ウエストパームビーチから船に乗り込んだ私達。 Day 2:7月20日 早朝バハマ海域へ向かう途中、キャビンでねていたところを、ジャッキーの「ホエール!起きろ」の声。「くじら~??」と眠気眼で甲板にでると、 3メートルから5メートルほどある、フォールス・キラーホエールの群。 私達だけではなく、キャプテンやクルーたちも大興奮。 キャプテンは17年間バハマ海域でダイビングやドルフィンスイムをしてきたが、フォールス・キラーホエールに逢ったのはこれが2回目という。 アドベンチャー好きな参加者は、次々と青い海へ。 (いきなり練習もなく、みんな、すごいことです!) 青い海の中には、バンドウイルカを3回りくらい大きくして、カオをちょっとほそっこくしたクジラたちの群れ。 ピーピーという彼らののソナーの音がこだまし、私達にとっても初めてなワクワク体験でしたが、彼らにとっても、海の中で人間を見るのは初めてだったのでしょう。 私達に近づいてきて、ソナーリングする彼らも、かなりこちらに興味津々で、長いことボートのまわりを泳いでいったのでした。 2008bahama3.jpg 幸先がいい!! バハマに着く前に、クジラの歓迎。 午後には、バハマのドルフィンサイトに到着。バンドウイルカ2頭が10メートルほどの白い砂の海底にかおをつっこみ、捕食の最中。そして私達の間を縫うように泳いで、まずはご挨拶。 今年のバハマは海も殆どフラット。 あったかくて透明度の高いバハマの海はやっぱり最高ですね。 Day 3:7月21日 朝は思い切りみなさんねまくり、朝ごはんと昼ごはんを食べ、まったりしていると、夕方3頭のまだらイルカが遊びに来る。若いオスイルカの3頭はお互いをかみっこしたり、追いかけっこして、かなりアクティブ。サンセットまで思い切り泳ぎました。 早めにシャワーを浴びてしまった人も、水着に着替え、海に戻る。 これがバハマのまだらちゃんね、と思わせる、超至近距離からのアイコンタクト。カオがぶつかりそうなくらいの、距離でのサークルゲームに、皆大満足。 夜になっても、ボートのまわりにまだらイルカたちが。。。 そこでドルフィン・ナイトスイム。水深は30メートルほど。しかも 流れがきついので、要注意。 懐中電灯を各自持ち、ボートからは浮き輪を流し、その紐につかまるなりして、ボートの近くで泳ぐこと、とキャプテン。 勇気のある10名ほどは夜中の12時までまっくらな海のなかで のドルフィンスイムを楽しむ。 ちなみにわたしは見学組。ボートから見ているのもかなり楽しめました。 2008bahama2.jpg Day 4:7月22日 ボートの中は、イルカと満足するスイムができたことで、和やかな雰囲気。カキ氷をつくって食べたり、甲板で360度の青い海を楽しんだり、おしゃべりしたり、昼寝したり、それぞれの過ごし方。。。 今日もまだらイルカが何度か遊びに来てくれる。 トミーがおいしいご飯をつくってくれるので、みんな太ることを気にするほどよく食べるが、よく潜り、よく泳ぐからどんどん健康度がアップしていくのを感じる。 夜、夜釣りを楽しむ。つれた魚は冷やして明日の刺身、カルパッチョ、などのおいしいお料理に変身する。 Day 5:7月23日 朝8時にまだらイルカの群れが遊びに来る。ランチを食べていると今度はバンドウイルカたちが遊びに来る。 海は鏡のようにまったいらのなぎ状態。こんな海は美しすぎる! ある人はかなりイルカスイムに満足、ある人はもっとこの海とイルカを満喫したいと、グループとして、グランドバハマ島に上陸するか、迷っていた私達。そこにまたまだらイルカが遊びに来る。 結局2時間半ほどイルカと遊ぶ。 コーラルのスポンジ状のもので、遊ぶイルカ。 かなりヘロヘロになるほど泳いだみんな。 キャプテンはタンクを背負ってイルカの映像を撮っていたけれど、今日は17年のキャプテン歴でベストなショットがとれた!と満面の笑顔。 みんな、こんなに毎日すごい遭遇があるのは、かなり祝福なのですよ! これが当たり前だとおもったらそうじゃないですよ。 海、天候、イルカ、一緒にいるメンバーとの交流、それらが重要な要素ですね。 夜はグランドバハマ島に上陸。バハマってこんなところ、っていうことで、小型のバンをチャーターして、ポートルカヤへお土産を買いに、、、。 2008bahama1.jpg Day 6:7月24日 さあ、実質今日がラストの一日。 朝、バハマの島を離れてすぐ、島周辺のサザンポッドが遊びに来る。 ランチの頃は、シュガーレックでダイビングとシュノーケル。昔船が沈んだ後にはたくさんのコーラル、熱帯魚たちがいてとてもきれいですね。 その後、余りに海が平らなので、ウエークボードで遊んだり、オーシャンアクティビティ、かなり充実でした。 午後眠そうなイルカの群れがボートの近くに出現。バウからサウンドを通してコミュニケーションをとる人たち、ご苦労様。、声がかれるほど、イルカとコンタクト。イルカ達はその声に引き寄せられて、長らく遊んでいました。 やがて目を覚ましてきたイルカ達。まだらイルカ6頭とバンドウイルカ2頭の混合グループが遊びに来る。 ポッドが融合して、広い海のあちこちに、ジャンプするイルカ達の姿。 サンセットのころまで、十分オーシャンを満喫、イルカたちのにぎやかに遊ぶ姿に混じる私達。 みんなも子どもに戻って思い切り遊んでおりました。 夜には旅の映像を皆で見たり、シェアリングなどをして、旅の締めくくり。 それぞれの思いを胸に、最後の夜はなかな離れがたい。。。 7月25日朝アメリカ入国手続きをボートで済ませた後、記念撮影をしてそれぞれの想い出を胸に、 下船。 下船した後は、ウエストパームビーチの観光、ショッピングなどを楽しん 翌朝はみな、各自の家路へとむかったのでありました。 2008bahama4.jpg * *** ゆりかより~ 1991年から数えると既に30回ほどは来ていることになるバハマのドルフィンサイト。 まだらイルカとの出会いは、毎回が新しいワクワク体験に溢れている。そしてその6日間はたくさんの気づきと癒しがつまっている。 バハマの青い海につかるだけで、全ての問題が問題でなくなる瞬間。 アア、生きててよかったって思えますよね。 参加者のみんなはどんな気づきや体験だったのかしら?。 じかんはたっぷりあったけど、もっと語り合いたかったですね。 日本でまたみんなが集まってその後のシェアをしたり、 お互いをサポートしていく家族みたいになれたのではとおもいます。 コミュニケーションをちゃんととって、そしてお互いをサポートしていく、そういう関係をきづけていけたら嬉しいです。 皆さんとの出会いに感謝。そしてそれぞれのエッセンスが輝いた船での ユニークな時間をありがとうございました。 *** わたしにとっても、「今を楽しむ」ことに集中した6日間でした。 イルカが来ない時間も、何か工夫をして楽しむこと。そしてこの地球に感謝する心。 自分だけで楽しむのではなくて、皆で楽しむこと、それがよりいっそうのドルフィンの旅の要素。 誰も完璧な人などいない。 いい、わるいもない。全てのことはニュートラル。 そこに意味づけするのは、自分。 同じ事を体験しても、それぞれの反応や感想、、、 それがまたおもしろい。 みんなそれぞれが光の存在。 みんなが笑顔でそれぞれの家路に帰っていった姿をみて、わたしもまたハッピー。 イルカと泳いで、霊的、精神的、肉体的な変化を認識しているかもしれません。 自分を観察してみてくださいね。 そして陸に上がって、バハマで培った自分の中の新しいバランスを維持していって下さい。 私はハワイ島に帰りますが、またみんなと、時空を超えて、ビッグスマイルとともに、繋がれることを確信し,日々の糧として過ごしていきます。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。